ホットヨガの消費カロリーはどれくらい?

ホットヨガの消費カロリーはどれくらいでしょうか?温度が高い中でヨガをするので、汗はたくさんかきますね。でも動きはゆったりしたものが多いので、実際にたくさんのカロリーを消費できるのかどうか、気になりますね。

 

「ホットヨガは痩せない!」という口コミ情報も見かけますが、本当なのでしょうか?

 

ホットヨガの消費カロリーは?

通常のヨガでの消費カロリーは、体重1㎏につき1分間0.0686(kcal)です。(年齢により多少変化あり)これに基づいた1時間のヨガをした場合の消費カロリーは、197(kcal)です。ホットヨガでは環境が違いますが、1時間あたりでは330kcalから350kcal程度になります。(パワーヨガやアシュタンガヨガではさらに消費カロリーが上がります。)

 

1時間当たりの消費カロリーは、自転車なら201kcal、急ぎ足でのウォーキングなら251kcal程度になります。もっと強い運動に分類されるテニス、ジョギング(120m/分)でも386kcalです。

 

ただあまり運動をしたことがない方が、いきなり1時間ずっとジョギングはできないですよね。ホットヨガならゆったりとした動きで、インストラクターの指導に従って1時間、確実にカロリーを消費できます。

 

ホットヨガでは基礎代謝を上げられない?

消費カロリーを増やすためには、身体の筋肉量を増やし基礎代謝を上げることが、今ダイエットでは常識のようにいわれています。ホットヨガでは筋肉トレーニングはないため、基礎代謝が上がらないという情報がよく見られます。痩せないけれど、ストレス解消やリラックスのためにホットヨガスタジオに通っている方も多いといわれていますね。

 

その点だけを考えると「ホットヨガの消費カロリーは低いし、痩せられないって本当だ!」と結論づけたくなります。しかし近年の研究では、基礎代謝に筋肉が占める割合は2割程度とわかっています。

 

肝臓などの内臓機能を向上すれば、基礎代謝量も上がると考えるほうが正しいでしょう。

 

基礎代謝量を上げたいときにはやみくもに筋肉量を増やすのではなく、内臓機能も意識することが大切です。ホットヨガはデトックスに効果があります。血液の循環や、老廃物の排出を促すからです。もちろんヨガならではの呼吸法などを取り入れることで、内臓の機能が向上することは間違いありません。

 

無理なく基礎代謝をあげられるホットヨガは、むしろ痩せる効果を多いに期待できるといってもよいでしょう。

 

1日の食事目安量を考えてみよう
女性の1日の基礎代謝量は、1200kcalから1300kcal程度です。

 

ホットヨガで消費できるカロリーを加えると、1日1550kcalから1650kcalまで食べても大丈夫ということになりますね。ただ、体重の変化を狙うなら、食事量をあまり増やさないほうが理想的です。

 

ホットヨガの消費カロリーと同じ350kcalの食品には、クレープ1枚、あんドーナツ1個、ポテトチップス65gなどがあります。

 

ホットヨガをしているから、おやつを食べても大丈夫!と考えず、カロリーを抑えた健康的な食事を意識しましょう。

 

まとめ

痩せないともいわれているホットヨガですが、実は基礎代謝を上げるのに最適な運動といえます。また、呼吸を深くする、ポーズを大きくとるなどちょっとしたことで、消費カロリーが増えるのもうれしい点ですね。

 

ホットヨガの動き自体は、激しいものではありません。そのため、運動経験がない方や、苦手な方も確実にカロリーを消費できますよ!