初めてのホットヨガ!レッスンについていけるか心配!?持ち物は?

初めてのホットヨガ、不安を感じるかもしれません。

 

  • 「運動経験ないけれどレッスンについていけるかな?」
  • 「普通のヨガとはだいぶん違いがありそう。」
  • 「何を持っていけばよい?」

などなど始めようとは決めたものの、心配になりますよね。

 

レッスンはハード?初めてでもついていける?

ホットヨガは、初心者にもおすすめと言われていますが、レッスンはハードではないのでしょうか?

 

温度が高い空間でのレッスンですから、初めての方は慣れないこともあって、ハードと感じるかもしれません。ただ体験レッスンでは、無理のないポーズが設定されているスタジオが多いですね。

 

また、どのスタジオも体調面にしっかり配慮がしてあります。水はいつ飲んでもよいのですが、インストラクターも指示を出します。辛いときにはスタジオから出られますし、マットの上で座って休憩するのも可能です。とにかく無理しないように、インストラクターの指導に従ってレッスンを受ければよいですね。

 

ヨガといえば難しいポーズを取るイメージが強いですね。ですが、初心者から中級者の方のホットヨガレッスンはストレッチに近く、筋肉が少なくても身体を慣らしながらポーズを取れるようになっています。上級者向けのパワーヨガでは、複雑なポーズが増えていきます。これも丁寧に手足の位置、目線などの指示が出ますのでインストラクターに従ってレッスンしましょう。

 

体験レッスンの予約は?

スタジオによって違いますが、ウェブや電話で体験レッスンは予約できるようになっています。日時、店舗を確かめて予約を入れます。いつまで予約可能か、またキャンセルならいつまで可能かもきちんと確認しておきましょう。

 

持ち物は?

スタジオによって指定されることもあります。

 

原則的には

  • 水(1リットル以上。500ミリリットルのペットボトルを多めに持っていくほうが飲みやすい。)
  • タオル(汗拭き用フェイスタオル、シャワー用バスタオル。販売やレンタルありのスタジオも多い)
  • ヨガマット(不必要なスタジオや、貸出OKのスタジオも)
  • ヨガウェア
  • 替えの下着

ここまでは必須です。

 

あると便利なものは、

  • ビニール袋(濡れたレッスンウェアなどを入れるのに便利)
  • ヘアゴムなど髪をまとめるもの(ショートの方以外は必須)
  • 洗顔・クレンジング・化粧水・化粧品(事前にメイクを落とすならクレンジングと洗顔は必須。シャワー後メイクをして帰るならコスメ道具も持参。スタジオによってアメニティが準備してあるところもあり)

 

化粧は?メイクしていても大丈夫?

汗だくになることがわかっているホットヨガで、メイクをしていてもよいのか気になりますよね。事前に落とすなら、クレンジングアイテムが必要になりますね。またメイク直ししてから帰るなら、コスメ道具も持って行っておかないと…と荷物が増えそうです。

 

スタジオ自体は、メイクしたままでレッスンを受けても特に何も言われません

  1. メイクをしたままでレッスンを受け、終了後のシャワーできっちり落とす
  2. スタジオでレッスン前にさっとクレンジングする
  3. すっぴんで行く

の3パターンがあります。

 

しっかりメイクでないなら、そのままレッスンを受ける方法もあまり気にならないかもしれません。しかしファンデーションやマスカラなどのフルメイクでは、汗も大量にかくので大変なことになります。

 

クレンジングにあまり時間がかからない、ホットヨガをする目的は美肌、さっとふき取りだけでクレンジングできるといった場合なら、レッスン前に落としてしまいましょう。スタジオによっては洗面台が少ないこともあるので、クレンジングに時間をかけるよりもレッスン前のストレッチに時間をかけたほうがおすすめです。職場から直接という日でないなら、すっぴんで行ってしまったほうがやはり楽ですね。

 

レッスン前後で気を付けたいこと

レッスンの2時間前までに食事は終わらせましょう。

 

食べ物を消化しているときに、他のエネルギーを使う働きをすると、胃がきちんと働きません。きちんと消化されないと、ホットヨガでのデトックスは無駄になってしまいます。仕事の都合もありますが、どんなに遅くても1時間前までに食事を済ませましょう。

 

レッスン後は身体にいいものをとりましょう。代謝が上がったホットヨガのレッスン後は、身体がきちんと栄養を摂取できる時間帯です。身体によいものを積極的に摂取したいですね。2時間程度あけてから、食事しましょう。

 

スムージーや栄養たっぷりのドリンクなどを摂るならこのタイミングがベストです。ただし「しっかりレッスンしたから、たくさん食べても大丈夫!」と考えてはいけません。身体が吸収しやすいということは、脂分などをしっかり取り込んでしまうということです。間違っても揚げ物やファーストフードを食べてはいけないのです。

 

まとめ

難しく考えず、初めての方もトライできるのがホットヨガのよいところです。あまり運動経験がない、身体が硬い方ほど実はホットヨガに向いています。身体を温めながら行うヨガですから、柔軟性もアップしますよ。

 

またポーズは自分ができる範囲で、無理をせず行うことが大切です。体験したことのないスッキリ感を、ホットヨガならどなたでも得られるはずです。