RIZAP(ライザップ)の女性専用ホットヨガスタジオ

結果にコミット。

この言葉で大人気&大流行の、ライザップをご存知の方は多いでしょう。
太ってしまった有名人が痩せたCMで驚かれた方も多いのではないでしょうか?

また、特に太り過ぎという訳ではなくても、体型や筋力維持のために通い続ける方も多くいます。
ライザップで本当に痩せるのか?というテーマは常に付きまとい、雑誌の編集さんが体験記事を書いたり、潜入取材を試みたり。

その結果は「痩せるかもしれないけど、食事制限も筋トレも難しそう」というイメージではないでしょうか。
できれば楽をして痩せたいですものね。

それに、ライザップの特徴は「短期間での激やせ」です。だから、驚きも大きいですよね。

「短期間で痩せるならやってみたいけど、お金もかかるからできない」
料金の問題で踏み出せない方もいるでしょう。

  • 料金を抑えたい
  • 短期間だと厳しそう
  • 筋トレなんて無理無理!

そんなワガママでもライザップのボディメイクを「楽しめる」のが、新しく登場した「ライザップでホットヨガ」の店舗『LIPTY(リプティ)』です。

公式サイトにはこう明言されています。

「ヨガ以上の効果、RIZAP未満の価格」

ホットヨガと聞くと、女性の間で大流行中だと思う方もいるでしょう。
ヨガではなく、さらにトレーニング効果を高めるホットヨガ、というところもポイントです♪

  • LIPTYでは、どんな効果が狙えるのか?
  • 痩せる?
  • 痩せない?
という「本気で聞きたい」部分も含めて、体験取材をしていきました!

管理人のLIPTY体験で、あなたもホットヨガを体験した気持ちになれるかも?
そして、RIZAPのメソッドを受け継ぐLIPTYは厳しいのかどうか。
これから「痩せたい」「健康になりたい」を目指す女性の皆さん、必読ですよ♪

LIPTY(リプティ)の予約はコチラ



LIPTYは「女性専用」です。

残念ですが、ホットヨガを体験したい男性の方は、ランキングサイトから他のスタジオを探してみてください。
さらに、現在は池袋に1店舗だけですので、通うことが困難な方もいらっしゃるでしょう。(2018年4月現在)
今後の店舗拡に期待ですね!ですが、

  • ホットヨガってなんだろう?
  • 痩せるためにホットヨガは効果があるのか?
といった疑問にはお答えできるので、このまま読み進めていただくのもおススメです。

ホットヨガを全く初めて!
そんな管理人と一緒に、LIPTYを楽しんでみましょう♪

最初に言ってしまうと、LIPTYは、従来のホットヨガよりも「厳しいトレーニング」です。ですが「トレーナーの丁寧なカウンセリング付き」でボディメイクに十分な効果を発揮します。

RIZAP風に言うと「あなたの結果にコミット」してくれます。
そして、料金は「通い放題で月額15,555円(税抜)」です。
※別に入会金10,000円。お特なデイタイム会員「12,222円(税抜)」もあります。

これからホットヨガに通いたい・ジムに通いたいと思っている方でも候補に入れられますよ。
むしろ、LIPTYに通える場所にお住まいなら、イチオシです(笑)。

LIPTY(リプティ)の料金は? 他のホットヨガスタジオと比べて何が違うの?

LIPTY(リプティ)は、ライザップグループが運営するホットヨガスタジオです。
現在、ホットヨガは女性を中心に大流行です。多くの街に、ホットヨガスタジオができている状況です。

大手の「LAVA(ラバ)」「CALDO(カルド)」などは、都心を中心に店舗を拡大しています。
その点、リプティは池袋に1店舗のみと寂しい状況です。

しかし、運営がライザップですから(笑)このまま1店舗のわけはありません。
徐々に拡大・展開していくことは間違いないので、今からチェックして候補に入れておきましょう。

地域密着型のホットヨガスタジオなどもあり、サービス内容によって料金も違います。安いだけであれば、月額通い放題で3,000円前後のホットヨガスタジオも見つかります。

スポーツジムからホットヨガの教室だけを抜いてきた、と考えれば良いでしょう。ホットヨガだけを習いたい、という方には、料金の安さも魅力的ですよね。

ホットヨガは、スタジオ内を高温・多湿に保つための設備環境が必要なので、ストレッチ機器を置きました、という訳にはいきません。維持費を考えると「やや高いかな」という料金が一般的です。

料金が極端に安いホットヨガスタジオは、ジムと併設している場合もあります。
また、人数制限をしていないことで快適にレッスンを受けられないなど、デメリットも出てくるでしょう。

女性なら気になるのは、ホットヨガで汗を大量にかくのだから、シャワールームやロッカーの衛生面ですよね。
こうした設備の充実度も、実際にスタジオを見ないと分からないことが多いです。

多くのホットヨガスタジオでは、まずは体験からというところが多いです。
無料で体験できるスタジオもありますし、1,000円前後の格安で体験も可能です。

いきなり入会するのではなく、スタジオの環境を見て「通いたくなる」スタジオに決めましょう。
行きたくなるスタジオであれば、長続きしますし、ダイエットもボディメイクも、あなたの夢への実現も早くなりますよ!

さて、リプティに話を戻しましょう。

料金だけを見ると、他のホットヨガスタジオと比べても、特別高いわけではありません。

 ホットヨガスタジオ名  料金(通い放題)
 LIPTY(リプティ)  15,555円(税抜)
 CALD(カルド)  9,500円(税抜)
 LAVA(ラバ)  15,093円(税抜)
 Lala Aasha(ララ アーシャ)  14,000円~
 ヨガプラス  13,703円(税抜)
※スタジオの場所(支店)やサービス内容によって料金は変わる場合があります。

もちろん、施設内のサービスや環境によって料金に差が出てきます。
ほとんどのホットヨガスタジオで「月額通い放題」料金がありますが、そんなに頻繁に利用しないという方には、月4回などの回数を決めてもう少し安い料金などのコース設定もあります。

気になったホットヨガスタジオがあれば、料金チェックも忘れずに行ってくださいね。
リプティの特徴は、
  • 女性専用
  • 月に1回専属トレーナーによるカウンセリングあり
といったところでしょう。

特に、カウンセリングは本気で痩せたい・ボディメイクしたいといった「目標がある方」におススメです。自分の目標をトレーナーに聞いてもらい(記録してもらい)、「目標のために具体的にどうしたら良いか」をアドバイスしてもらえるのです。

汗を流して気持ち良かった~とリフレッシュだけに使うのであればカウンセリングの必要はありませんよね。
でも、ホットヨガになぜ通うのか、明確に目標をもって取り組みたい方にはあって嬉しいサービスです。

もちろん、レッスンのたびにトレーナーとの立ち話や雑談で軽く聞くこともできます。
これはどこのスタジオでもできることですが、しっかりカウンセリングの時間があるのは、特別感がありますよね。

そして、女性専用のスタジオなので、非常にキレイです!ウェアとタオルは毎回貸し出し、スキンケアアイテム、メイク用品を除く全てが揃っているので、手ぶらで通えます。(多くのホットヨガスタジオでは、ウェアはレンタルで別料金です)

水分補給の水素水も飲み放題です。(レッスン後に補給して自宅で飲むことも可能です)

シャワールームも混雑しない数が揃っていて快適です。ライザップのサービスが「ホテル並みだから料金も高い」という噂も聞いたことがあるかもしれません。

そのために、プライベートジムは確かに何十万円もして高いですが、リプティは「気軽に通えるホットヨガスタジオ」です。他のスタジオと変わらぬ料金でホテル並みのサービスを受けられるのであれば気分は最高です。

リラックスにも、ダイエットにも使えるホットヨガスタジオ、それがリプティです。

リプティ体験当日の朝の食事

AM6時に起床です。家族のお弁当と朝食を作り、会社と学校に送り出します。
今朝は一緒に朝食をとらず、先に外出の支度を済ませます。

リプティの体験レッスンは12時から。
11時30分にスタジオ集合なので、ブランチ的に食事を考えました。

運動をするので空腹では行かず、きちんと食べておかないと!
ただし、お腹がもたれないように、1時間前には済ませておくのがベストですね。

食事の時間は特に体験でも指示されませんでしたが、ジムに通ったりした時の経験からです。
水分補給だけは欠かさずに。
これも大事ですね。

8時30分。
外出先のデニーズで、モーニングセット。
ドリンクバーに、半トーストと目玉焼き。
それにコーンスープを付けました。

カロリーはメニュー表に書かれていますが、トータルで300kcalぐらい。
ドリンクバーも、ストレートで紅茶を飲みまくりました(笑)。

リプティの体験を別にしても、ダイエットを意識している管理人は、カロリー計算に必死です(笑)。
一般女性であれば、1食500kcal以下が望ましいと言えます。

少ないカロリーで満腹感があり、タンパク質が豊富なことが身体には大事ですよ♪
ホットヨガで身体を動かすので、食事にも気を付けておきたいものです。

リプティは、池袋駅東口(西武方面)すぐ!

池袋駅東口

11時ちょっと前に池袋に到着。管理人は埼玉在住なので、ここまでは電車です。
ちょっと時間がかかり既に疲れています。時間と気持ちには余裕を持って出かけましょうね!

さて、池袋東口を出ます。
西武デパートに沿って歩きます。
デパート(駅)を右手に見ながら、東口からすぐの信号を渡りますよ。

東口から一つ目の信号

目印は、角のビルが金券ショップの「大黒屋」です。
ここを、左手に渡ります。
渡った先はこんな風景。

信号渡るところ

そのまま、真っ直ぐ、右手を歩きます。
またすぐに信号が見えますが、その手前ですので行きすぎないように。

右側を歩きます

信号手前の「第一中野ビル」5FにLIPTY(リプティ)の看板発見!
ここです。

LIPTYのビル入口

東口からだと、徒歩で5分もかかりません。

ちょうど11時過ぎの時間は、飲食店の仕入れの時間で、ビルの周りも仕入れのトラックでいっぱいです。
エレベータでも大きなマグロが運ばれていきましたので(笑)、まさに時間には余裕を持っておきましょう。
魚臭いとか、そんなことは全くないのでご安心を(凍ってますからw)。

では、エレベータで5階に行きましょう。
(ちなみに、管理人は早く到着してしまったので、時間まで隣のサンマルクカフェでアイスティーを飲んで時間を潰しました)

リプティは、女性専用でキレイでオシャレなホットヨガスタジオ


LIPTY受付

エレベータの扉が開くと、すぐに受付が見えます。
つまりフロアが直結しています。
素早く降りましょう(笑)。

「こんにちはー」
明るいスタッフさんの声がかかります。
パッと見て、皆さん「ヨガをする格好」なのでトレーナーさんのようです。
抜群にスタイルの良いスタッフのお出迎えで、自分には場違いな空気を感じながらも頑張ります!

挨拶をしようとそのまま進んでしまうと、さっとエコバッグを渡されました。
「靴はこちらにお願いします」
挨拶の前に慌てて靴を脱ぎます。
靴はエコバッグ(のようなもの)に入れて、自己管理です。

管理人「はじめまして。本日、体験取材で伺いました管理人と申します~」
スタッフ「ああ、はい! こんにちは!」

非常にキビキビとした印象のトレーナーさんが対応してくれました。
そして、ちょっとだけ待つように言われ、トレーナーさんは一度裏(受付横にスタッフルームがある感じ)にさがり、すぐに出てきました。

スタッフ「あの…本日はお写真だけと聞いていますが。体験していきますか?」
管理人「えっ?! しっかりとホットヨガを体験したいんですけど…ありゃあ、連絡がすれ違いましたね」
スタッフ「会員様も一緒なので、人が写る撮影は厳禁でお願いします。体験はOKです。それでは、ウェアとタオルをお渡ししますね」

取材のやり取りアクシデントはつきものですが、快く引き受けてくださいました。
とにかくスタッフさんはハキハキ・キビキビされています。

ホットヨガやスタジオが初めて、という方は怖気づいてしまうかもしれませんが(管理人も内心はあたふたしていましたw)、案内通りにすれば大丈夫です。

また、この日に限らず、スタジオ内の収容人数は10人前後なので、大人数でワイワイとした雰囲気もなく、こじんまりとして落ち着ける空間です。

靴を脱ぐ。
ウェアとタオルを借りる。
そうしたら、ロッカールームで着替えてスタジオに来ればOKです!

受付横ディスプレイ

こちらは、受付横のディスプレイ。
お客様の安全のために、AEDが設置されています。

万が一の時でも安心です!
その下にはライザップで取り扱っている食品の紹介と展示。

下段のマットが、ヨガマットです。
色は「空」をイメージして青くできているそうです。

会員になれば、ウェアもマットも自分のお気に入りで持ち込みは自由です。
でも、手ぶらで来れる気軽さも嬉しいので、そこは自由な選択肢があって良いですね。

水素水スタンド

ディスプレイの横に、水素水スタンドがあります。
水分はここで補給。

1リットル入る容器(中身がなくなれば折りたためるパックです)も無料でいただきます。
自分で水素水を汲んで持ち込みますよ。

水素水は、一般の水に比べて、体内の老廃物を流す効果が高いとされています。つまり、デトックス作用が強い訳です。
また、ホットヨガというぐらいですから、暑い中で1レッスン45分間を過ごします。1リットルあっても足りなくなるぐらいかもしれませんよ。

なので、水素水は飲み放題です。乾いた身体に遠慮なくいただきましょう♪

先にオシャレな施設内を見ておきましょう


ロッカールーム

ロッカールームはこじんまりと感じますが、1レッスンに10人前後という設定なので、十分すぎる広さです。
コートなどの厚手や長物をかけられるハンガーもあります。

ロッカーの大きさは、持ち込んだ靴を入れて、バスタオルや手持ちのバッグを入れても十分余裕です。
管理人は取材のためにパソコンを入れたA4バッグでしたが、真っ直ぐ入れても余裕でした!

また、花粉症の季節にとても嬉しい空気清浄機も運転していました。
人が集まる場所ですから、空気が清々しいのは嬉しいですよね。

シャワールーム全景

更衣室横、すぐに移動できる距離にシャワールーム。きちんと個室になっています。外に用意された荷物置きも細かい配慮ですね。

足元には珪藻土(けいそうど)バスマットが敷かれています。水を即吸収してくれて、べたつかない優れもの!

シャワールーム内部

個室内には、シャンプー・トリートメント・ボディソープが用意されています。
ちなみに、フェイスタオルとバスタオルを貸していただけるので、シャワー後も快適に乾かすことが可能です。

ドレッサー

ドレッサーは両側にあるので、ここでも人を待たなくちゃいけない心配もなく利用できそうです。
ドライヤーはもちろん、女性に必須のお手入れ用品も揃っています。

ドレッサーのアメニティ

置いてあるのもは、
  • 化粧水
  • 乳液
  • コットン
  • 髪ゴム
  • 綿棒
  • ティッシュペーパー
メイク用品だけは必要であれば持参しましょう。
管理人は、フェイスパウダーだけの持参でした。(通勤帰りなどであればそれで充分そうです)

洗顔アメニティ

洗面台には、洗顔フォームとクレンジングもあります。ばっちりメイクで来た方は、ホットヨガの前に落としておきましょう。汗で落ちてしまいますよ~。

トイレ個室

トイレの個室も落ち着いていて清潔、ピカピカです。
どこのホテルでしょうね~と、思わずにはいられません。

とりあえず、地域レベルのスポーツジムとは格が違うぞ、と思わされました。
さすが、ライザップ系列のスタジオです!

レッスン前にカウンセリングを(5分間だけ)受けてみました

着替えもささっと済み、トレーナーさんと少しだけお話しする時間をいただきました。

リプティの特徴でもある「カウンセリング(月1回)」をじっくりと体験したかったのですが、今回は「空いた時間で聞きたいことをどうぞ」という感じでお時間をいただきました。

カウンセリングルームも設けられていて、落ち着いて話をすることができますよ。
トレーナーさんと一対一で向き合えるというのは、他のスタジオではなかなか出来ないことですね。

カウンセリングルームのプレート

締め切るドアはありません。
「しつこい勧誘をされるんじゃないか?!」という不安も消えますよ。

トレーナーさんとカウンセリング1」

管理人とトレーナーさんが向き合い、写真は同行してくださった友人に撮影してもらいました。
(後ろ姿が管理人ですが、標準体型よりもおデブでダイエットしたい!人間です)

レッスン開始までの限られた時間で、できる限りリプティの魅力を引き出したいと思います。
以下、カウンセリング内容です。
(管⇒管理人、ト⇒トレーナー)

管「早速ですが、私自身ホットヨガも初めてですし、ものすごい運動不足、運動音痴です(笑)。それでも始めることは可能ですか?」

ト「目標を持って始められるのであれば、初心者でも構いません。レッスンも無理なくできる範囲でついてきてくだされば大丈夫です」

管「目標ですが、ぶっちゃけリプティの公式では『ヨガでは痩せません』と明言されていますよね。でも、私が始めるならダイエットを期待したいのですが…ダメですか?」

ト「ダイエットにも色々とありますよね。例えば、どうダイエットしたいですか?」

管「お腹まわりのぷよぷよを解消したいですね」

ト「では、お腹周りの脂肪を落とすためにはどうしたらいいか、をアプローチします。お腹周りの脂肪を落とすには、まず、骨盤をきゅっと締めます。そして、背骨が真っ直ぐになります。姿勢も良くなります。そうしてから初めて、お腹周りの脂肪を落とすことができるんです。こうした段階を踏むことが大事なんです」

管「単純に体重を落としたい、では、目標として漠然としているわけですね」

ト「体重を落としたいだけなら方法はいくらでもありますよ(笑)」

管「ううん~奥が深いというか、骨盤大事ですね(笑)」
ト「そうですね。普段はデスクワークですか?」

管「はい。パソコンに向き合ってばかりです」

ト「それなら、ぜひレッスンで骨盤を意識してください。ひねる運動がありますが、最初と最後では引き締まり方が違っていると思います。普段できない運動を、ここでは意識してほしいですね」

トレーナーさんとカウンセリング2

管「目標が漠然としていて申し訳ありませんが、では、ダイエット目的で来た場合、まず、どんなアプローチをされますか?」

ト「月に1回カウンセリングがあるわけですが、最初は『週に2回通いましょう』を目標にします」

管「通うことが大事、ということですか?」

ト「それもありますが、小さな成功体験を積み重ねていきます。まずはスタジオに通う。それができたら、継続することに加えて、食事を変えてみましょうなど、次の小さな目標を立てます。この繰り返しです」

管「常に目標設定とも言えますね」

ト「そうです。目標を持って取り組んでいただき、どんどんと自信もつけてほしいと思います」

管「リプティのホットヨガが、他社のホットヨガと違う点はどこですか?」

ト「トレーニング要素が高いことです。かなり厳しいと思います(笑)。ですが、無理をする必要はありません。無理や我慢が一番よくないですからね。もしもレッスン中に気分が悪くなったら、仰向けで横になってください。壁にもたれてうなだれると、頭に血がいてつぃまい、起きようとした時ふらっとしますからね」

管「休み方にもお約束があるんですね(笑)」

ト「あります。水分補給も、ご自分のペースでとってください」

管「もっとお聞きしたいですけど、時間ですね(笑)」

ト「では、スタジオ内も簡単にご案内します」

終始キビキビされた話し方、立ち振る舞いのトレーナーさんでした。
教えることに迷いなどがなく、きっちりとした理念があることが分かりましたよ♪

リプティのスタジオは空と大地でできている


スタジオやや左から

リプティのスタジオです。
入ってすぐに「暑い!」です(笑)。
ホットヨガ初めての方は驚きますよ。

基本はマットも貸し出してくれるので、すでにセッティングされています。
会員になれば持ち込みも可能です。
フェイスタオルも用意されているので、本当に至れり尽くせりのサービスです。

でも、あることに気が付きましたか?
管理人は気が付かなかったのですが、リプティのスタジオには鏡がありません。
スポーツジムなどの経験がある方は、スタジオに鏡があるのは当たり前ですよね。

ト「リプティには鏡がありません。ポーズや他人を気にするのではなく、自分自身と向き合ってほしいからです」

管「自分のペースで、という言葉にも当てはまりますね」

ト「そうですね。キレイにポーズを決めることが目的ではないので」

スタジオ観葉植物

ト「スタジオのイメージは、大地の茶色、そして、マットに空色を使って、空を表現しています。大地と空、自然を意識しながらのびのびと行ってほしいです。観葉植物は造花ですが(笑)雰囲気作りも大事ですから」

管「非常に落ち着けるスタジオですね!」

ト「暑さは、他社スタジオよりも温度も低めの37度ぐらい、湿度も60%ぐらいです」

管「比べられないのですが、他はもっと暑い…ということですか?」

ト「そうですね。ただ、うち(リプティ)はトレーニング効果が高いとお伝えしたように、厳しいので(笑)やや室温を抑えてもたっぷり汗をかけますよ」

管「そ、それは楽しみです~(笑)」

ト「それでは、行ってらっしゃい! 終わったらまた顔を出してください!」

管「はい。感想をお伝えします」

レッスンを受ける会員さんもやってきて、いよいよホットヨガの体験です!

写真はありませんが、ホットヨガ体験をお伝えします

ここからは撮影NGですが、リプティの雰囲気をなるべくお伝えしたいと思います。

撮影NGというのも、会員の方のプライバシーに十分配慮していると言えますね。最近はすぐにSNSに情報が流れてしまいますが、リプティであれば、あなただけの秘密のスタジオ気分も味わえますよ♪(特別感がありますね!)

室内は暑くて、すぐに水分補給をしたくなります。
先にお伝えしておきますが、用意した1リットルの水素水は、45分間のレッスン中に紹介してしまいます。
(管理人が初心者だということもあるかもしれません)

レッスンは、先ほどまでのトレーナさーんとは違いますが、やはり笑顔が素敵な方です。
女性専用のホットヨガスタジオだけあって、スタッフは女性でまとめているのですね。

トレーナーさんの「では、始めましょう!」という元気の良い掛け声でスタートです。

ヨガ教室の経験がある管理人ですが、最初に「脚を組んで、手を合わせて…」といった動作はありませんでした。
いわゆる「ヨガっぽい」雰囲気が感じられず、入りやすい雰囲気があります。

最初に、脚をできる限り開きます。
そして、前に倒してみる…ほぼ倒れない管理人です(笑)。
また、脚も左右で組んでいきます。

ト「始める前に、身体の固さ、左右のバランスを確認しておいてください。終わった後にもう一度やりますが、きっと変わっていますよ」

とのこと。ほほー。レッスンのビフォーアフターを実感できるのは良いことですね。

お尻だけを使って、マットの上を前後に移動したり、段階を踏んで立ち上がったり、伸ばしたり。
ヨガのポーズでよく見るような「複雑なポーズ」は一切ありません。
その代わり、普段使わない筋肉・運動をすることで疲れます!

水分は自分のペースで補給でOKですが、今回のトレーナさーんは、そのたびに「はい、お水飲んでください」とタイミングよく休憩をはさんでくれます。トレーナさんも汗だらだらですから、ホットヨガは無理のないペースが本当に大事です。

また、10人程度のレッスンのため、トレーナーさんがきちんと見回ってくれます。
ポーズをより効果的にするために、「もうちょっと手を伸ばして~」などアドバイスをしてくれるので、気合を入れてレッスンに取り組めますよ。

大人数のスタジオではこうはいかないなぁと思えましたね。
トレーナーさんを身近に感じるレッスンなので、やる気も高まります。

汗はどんどんと流れます。
代謝が悪いとか、普段運動をしない管理人でも、汗が流れ、水色のウェアは汗で真っ青です。

ヨガというよりも、全身を使ってストレッチ感覚ですね。
呼吸を大事にするので、トレーナーさんも「吸ってー吐いてー」という声掛けを常にしてくれます。
トレーニング効果が高まるので、疲れもあるのだと思います。

脚も手もあげてバランス~というポーズでは、できずに座っていた管理人ですが、注意を受けることもなく、マイペースを貫けました。

「できる方だけ、手を添えましょう」という言い方もしてくれるので「ここまではやってみよう」という目安も分かって丁寧な指導です。

あ~疲れてきたな~と思う頃に45分。
意外とあっという間でしたが、疲労感たっぷりです。

最初のバランス運動をもう一度行ってみると、脚がよく開き、左右のバランス差が少なくなっていました。
動きが鈍かった右足側が軽くなったと実感!
目に見えて効果があると嬉しいですね♪

この後、シャワーを浴びてさっぱりとできます。
その爽快感といったらありません。
設備が高級ホテル並みなので、とてもくつろげるのが、さっぱりとできる要因だと思います♪

アドバイスとしては、体中汗だくになるので、下着の替えも持っていくと良いですよ。
特にブラジャーなどは、レッスン後は付け替えたくなります(笑)。

これだけの爽快感、そして、身体の変化を実感できたリプティのホットヨガは「かなり良い!」と言えます。

お見送りまで爽やかなリプティ。勧誘は一切なし!

レッスンを終えて、さっぱりとした気分で受付ホールに戻ると、カウンセリングをして下さったトレーナーさんに会いました。(会員さんと立ち話を終えたところでした。特にカウンセリング時間ではなくても、話を聞いてくれる体制でいてくれるのは嬉しいですね)

ト「お疲れ様でした! どうでしたか?」

管「気持ち良かったです。初体験でしたが、きちんとついていけて良かったです」

ト「難しくはないと思いますよ(笑)」

管「最初と最後で身体の可動域も広がりました。効果も高いな~って実感できましたよ」

ト「そうですか! 動かす、休むの二つのバランスも大事ですからね。ご自宅でも少しは動かしてみてください」

管「右腕が既に筋肉痛っぽいですけどね(笑)」

ト「あはは(笑)。うち(リプティ)はトレーニング意識強いですからね。きちんと身体を動かしていただいた証拠です」

管「今日は本当にありがとうございました!」

ト「はい、こちらこそありがとうございました」

管「あ、最後にすみません。水分補給ってどのぐらいしていいんですか?」

ト「どんどんしてください。トレーニング後はデトックス効果も高まっていますからね。水素水持っていきますか?」
管「ください!!!」

ト「帰宅時なのに重いかもしれませんが(笑)ご自宅でも飲んでくださいね」

管「トレーニング後の食事はどうしたら良いですか?」

ト「タンパク質ですね。肉と魚。これを中心に摂ってください。栄養も身体に行き渡りやすくなっているので、タンパク質で身体を作っていきたいですね」

管「タンパク質ですか…分かりました!」

ト「しっかりと水分補給で。気を付けてお帰りください」

管「はい、ありがとうございました~」

そのままエレベータに乗り込み、リプティを後にしました。
楽しいホットヨガ体験となりましたが…。

なんと!
取材だったとはいえ、管理人も一般人。
一切勧誘がありませんでした!

通常の体験であれば、レッスン体験後にカウンセリングがあるそうです。その流れの中で勧誘というか、入会の案内もあるかもしれませんが、トレーナーさんのさっぱりとした態度から想像すると「お任せします」な雰囲気がとても強かったです。

最初は「なんとなく健康に良さそうだから」「運動してみたい」「興味があるから」のスタートで大丈夫でしょう。
そのうちに、リプティではあなたに合った・あなただけの、ホットヨガを続ける目標ができるはずですよ。

ダイエットも。
ボディメイクも。
体力増進も。

欲張りな女性の願いを、リプティで叶えてみましょう!

LAVAに通っている友人が感じたLIPTYの違い

最後に、同行してくれた友人が、帰宅の道すがら話してくれたことをまとめておきます。
友人は女性(リプティに取材に行けたのですから当然です!)。一緒に体験レッスンも受けてもらいました。

そんな彼女は、普段はホットヨガの「LAVA(ラバ)」に通っています。そこで、、LIPTYとLAVAの違いをまとめてくれました。協力ありがとう!!!

リプティは「トレーニング要素が強い」
ヨガではないと公言している通り、筋肉を鍛える・筋力をつけるための動きやポーズのトレーニング内容になっていることが大きくな違いと特徴だと思いました。

ヨガのポーズも筋肉に効いてくるものはありますが、トレーナーさんの声かけも「内ももに効いています」「ヒップアップ効果があります」など私が通っているヨガとは全く違うものでした。

実際に、明日筋肉痛になりそうな動きが多かったです。
※管理人は見事に筋肉痛になりました(笑)

リプティのスタジオの「室温」
LAVAよりも室温は2~3度低いようです。
ハードな動きをする分低く設定されているようです。

リプティは「設備が良い」
備え付けのアメニティ類が充実している点
仕事帰りにも着替えだけで立ち寄れるのは非常に良いと思います。

LAVAはバスタオルのみ貸し出しでフェイスタオルなどは持参しないといけないのですが、毎回バスタオルとフェイスタオルを貸してくれるのは荷物が減るので地味にうれしいです!

シャワー室の数も多く待たなくていいのがうれしい。
※タオルは足りなければ貸してくれます。シャワーで身体や髪をふくのにも使いたい人には嬉しいですね。

教室の規模感(今後拡大店舗によっても異なるかもしれないですが…)
他のヨガ教室に比べると、LIPTYの池袋店店舗は規模は小さいほうだと思いますので、こじんまりとしていてインストラクターの方にしっかり見ていただける気がしてよかったです。

月1のカウンセリングは「魅力的」
最大の特徴である、月1のカウンセリングを受けられるというのはLIPTYの最大の魅力です。

普通のヨガはリラックス効果や運動不足解消などの目的が多いので、【ダイエット】にフォーカスしたい人は食生活から睡眠サイクルまで、カウンセリングでアドバイスをいただきながらサポートしてもらえるのは非常に魅力的です。

リプティのスタジオには「鏡がない」
通常ヨガスタジオにはポーズを確認するために鏡があります。

LIPTYは形を気にせず自分の体と向き合ってもらうためにあえて鏡を置いていないということだったので、不格好でも気にせずトレーニングに集中できるのは良いと思いました。

「ヨガ」を求めている人には鏡でポーズの確認ができないなどは少し物足りない部分かもしれません。
※LIPTYはヨガではありません。ホットヨガの環境を用いたトレーニングと呼べるかもしれませんね。

LIPTY(リプティ)の予約はコチラ